1. ホーム
  2. 半纏の用語集

半纏の用語集

●汗取り(あせとり)
肩の裏側に別の綿生地を当てる仕立て、汗の吸水効果があり、擦れて肌が痛まないようにする効果があるので、神輿半纏などに最適の仕立てです。
●襟ハタキ(えりはたき)
半天の襟の部分を縫製する際に上からステッチする方法。
●襟おとし(えりおとし)
半纏・法被の本体と衿の境目を縫製していく方法です。衿が少し前面に浮かび上がるような仕立てになっており、高級感が増します。
●襟名入れ(えりないれ)
半纏・法被の衿の部分に文字や家紋をいれることを指します。
●飾り袖(かざりそで)
袖をほぼない状態にして、肩の上部にのみ生地が被さるような仕立て。袖なしよりも華やかさがでるので、太鼓半纏やよさこい半纏に多い仕立て。
●背割れ(せわれ)
半纏(ハッピ)の背中の部分のセンターに縫い目がはいる仕立ての総称のことです。実際に2枚の生地を継ぐ背縫いと、ひとつの生地をつまんで、継いでいるように見せる背摘みの2種類があります。神輿半纏で多く使用されており、ワンランク上の高級感があります。
●背縫い(せぬい)
背割れ仕立てのひとつ。半纏・半天の背中にあたる部分を幅の狭い2枚の生地で継ぐ仕立てです。昔は幅の広い生地などがなかった為行われていた仕立てです。
●背摘み(せつみ)
半天のひとつのアクセントとして、1枚の生地を2枚で継いでいるかのように見せる背割れ仕立ての種類のひとつです。
●背紋入れ(せもんいれ)
半纏(はんてん)の背中の部分に大きく文字や家紋をいれることを指します。印半纏や火消し半纏などで大きく背中に映える文字は見栄えもよく目立ちます。
●印半纏(しるしはんてん)
火消しや大工などの職人が所属する組や店の紋章や文字などをいれていた半纏。今でいうところのチームTシャツといったところ。特に有名な火消しの半纏では、一目でどこの組なのか、その人の地位はどれくらいなのか誰がリーダーなのかがわかるようになっていました。
●ちりけ
半天の衿の首にあたる場所に家紋などを小さく染めぬく仕立て、今ではシルク印刷で行われることが多い。
●胴周り(どうまわり)
半天の身頃の胴にあたる部位にぐるっと囲むように波や吉原などの幾何学模様を染め抜くことを指します。
●筒袖(つつそで)
筒袖は現在では主に、半被やお宮参りの晴れ着などに用いられている、袂が無い筒状の袖の事を言います。また、そうした袖が付いている着物自体の事を、そう呼ぶ事があります。袖全体が身頃に縫い付けられている事も特徴の一つに挙げられます。文献や古来の歴史を伝える出土品などから、平安時代以前は筒袖が通常の形だったと推測されています。つつっぽや筒袍などとも呼ばれる事があります。
●先染め(さきぞめ)
法被などを仕立て剃る前に元から本染されている記事のことを言います。
生成り
生地は洗浄したり、漂白する事がありますが、そのような過程を経ていない、生地やその素材などについて生成りと言います。
晒し(さらし)
現代でも様々な物に使用されている布生地が晒しです。特に半纏などに使用される事が多い生地で、代表的な物とも言えます。
広袖(ひろそで)
袖口の仕立て方法の一つで、縫わずに開放している事が特徴です。この袖の形状を取り入れている物は、広袖半纏と呼ばれます。
共衿(ともえり)
半纏を着る際、襟の上に、共切れで製作された襟を掛け、着る事になります。傷みや汚れなどを防ぐ目的で着けられる様です。

上記用語はあくまで用語であり、弊社では取り扱いが出来ない仕立てもございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

半纏かんたん見積もり 24時間受け付けております。お気軽にどうぞ。

  • フルオーダー半纏
  • フルカラー半纏
  • セミオーダー半纏
  • 既製品半纏

お問い合わせ

ページトップへ