1. ホーム
  2. 半纏の印刷方法

半纏の印刷方法

当店では、半纏製作にご活用いただける様々な素材をご用意しております。

それに伴いまして、適したプリント方法も数種類ご準備させていただいております。

こちらのページでは、半纏の染色方法について、それぞれ簡潔にご説明させていただければと思っております。


【本染め(反応染め)】

綿生地の主要構成成分であるセルロースと反応染料とのあいだでおこる化学反応を利用して染色する手法となります。その後、水洗と蒸しの工程を繰り返し仕上げる伝統的なのれんや半纏などの綿素材を用いた場合の染色方法です。

フルカラーには対応できませんが、反応インクジェット印刷と比較しますと、圧倒的に安い価格で綿素材半纏を制作していただけます。さらに、生地自体が変色しているため、堅牢性が高く、洗濯も問題なく行うことができます。


【ダイレクト印刷】

厚さがあり、激安なテトロントロマットや、スエード、ツイルなど化学繊維生地で作成いただく半纏・法被へのプリントに用いるのが、ダイレクト印刷となります。

その名称のとおり、生地にインクジェットプリンターでダイレクトに色をいれていきます。プリンターを利用しますので、フルカラーにも対応しており、お客様がお持ちのお写真などを挿入することも可能です。

お客様のオリジナルデザインも細かな箇所まで当店では法被に再現することが出来ます。


【反応インクジェット印刷】

綿素材の半纏へのインクジェットプリントができる方法です。綿であっても、フルカラーかつ細かなデザインの再現に対応することができます。お値段は格安なその他の手法と比較しますと、割高になってしまいますが画期的な手法と言えます。ご不明点などございましたらお気軽に当店の法被販売スタッフまで御申しつけ下さいませ。


お問い合わせ

半纏かんたん見積もり 24時間受け付けております。お気軽にどうぞ。

  • フルオーダー半纏
  • フルカラー半纏
  • セミオーダー半纏
  • 既製品半纏

お問い合わせ

ページトップへ